夏の車中泊 車中泊対策・工夫

夏の車中泊~3つの暑さ基本対策~

更新日:

夏。
どこまでも晴れ渡る空。
気分は、晴れやか。どこかに行きたい気分になる時期です。(私にとってですが笑)

 

しかし、夏は車中泊をする者にとっては、大変な時期です。

Q.なぜ、夏の車中泊は大変なのか?

 

A.暑いからです。

暑い。これに尽きます。

炎天下の下に駐車した車に乗り込もうとすると、ものすごく暑さを感じることがあるかと思います。

実際に、車内温度は「50℃」を超えているからです。
ダッシュボードの上だと、70~80℃を超えたりしますので、一歩間違うとやけどしかねません。

車中泊の場合は、エンジンをかけて寝ることは基本的にマナー違反とされます。

朝方は涼しいのですが、太陽が登りはじめると、車内の温度はどんどん上昇していきます。そうなってくると、とてもじゃないですが寝られたものではありません。

でも、できる限りそんな思いはしたくない。
なので、どうすればその暑さを和らげることが出来るのか対策について解説していきます。

 

1.高地に行くこと

この方法は、最もてっとり早くできる暑さの回避手段です。

 

大体、高度が100m上がるごとに0.6℃ほど下がります。
湿度の関係もあるので一概にはいえませんが、標高が高ければ高いほど、涼しくなり快適になっていきます。

平地で30℃の夜とすれば、標高1000mで約6℃ほど気温が下がり、24℃くらいで過ごせます。
夏の快適に寝られる気温は、25℃~28℃ですので、少し涼しいくらいの気温として、快適に寝ることができるでしょう。

 

中部地方の岐阜・長野あたりだと標高が高いので、夏の車中泊には向いている地域です。

日本一標高の高いPAである「松ノ木峠PA」で車中泊をした記事は、こちら

とはいえ、車中泊する上で、気温の低いところに行くだけでなく、ほかにも対策が必要です。

 

2.窓を開ける

次にすべき対策として、「窓を開ける」
これも、車中泊で一番手っ取り早い暑さ対策の一つ。

窓を開けることで、空気の入れ替えが行われます。
熱が逃げやすくなる分、車内温度の上昇を防ぐことができるのです。
また、風が1.0m/s、身体に当たれば体感気温が約1℃下がります。
(ちなみに、1.6m/sほどで、顔に風を感じる程度です)

 

しかし、窓を開ける=防犯面対して課題が出てきます。
窓の開け具合は、その地域が人が多いか、少ないかで判断してください。

また、窓をそのまま開けるだけだと、防犯面以外でも課題があります。
なぜかというと詳しくは、

「夏の車中泊対策は、暑さだけじゃない!?

をご覧ください。

3.快適グッズを購入する

ここからは、お金のかかる話ですので、自分の求めているものを買い揃えておきましょう。

冷感素材のマット・敷パッド

寝るときに、暑さに気になる部分というのが、マット部分だったりします。
マット部分に熱がこもると、それだけで暑くて寝られません。

なので、涼しい素材を用いたマットを使用するのがおすすめです。
接触冷感素材という、触れたときにひんやりと感じる素材のマットもあるので、そういったものを使うのがよいでしょう。

 バッテリーや電池で動く扇風機

これは、ピンキリの値段ですが、物によってはかなりします。
窓を開け、扇風機を使えば、もうほとんど家と同じ状態です。
快適に過ごすなら、そういった装備品を用意するのも手です

詳しくは、「夏に使える扇風機はこれだ!」で解説しています。

バッテリーや電池で動く扇風機には、容量という問題があります。
その点を意外なグッズで解決する内容ですので、気になったら、ぜひお読みください。

 

4.まとめ

 

さて、こうやって書いてきたわけで、基本前提車のエンジンをかけることは周囲の騒音のことを考えると、しないのが鉄則です。
ですが、熱中症になっては元も子もありません。
本当に、まずいなと思ったら、迷わずエンジンをかけ、クーラーをつけましょう。

ですが、周囲に迷惑をかけないのが前提の車中泊。
常時エンジンをかけることはやめ、一時的なものにするのがマナーです。
(結構、エンジンをかけたまま寝ている人は気になりませんが、エンジンをかけていない人にとっては、ものすごく気になる音です)

 

-夏の車中泊, 車中泊対策・工夫

Copyright© 車中泊を楽しもう!~車旅style~ , 2018 All Rights Reserved.