*

照明・防寒対策をより簡単にスマートにできるアイテムはこれだ!

車中泊を行うユーザーの多くは、道の駅や高速道路のSA、PAを選ばれることが多いかと思います。
ですが、夜間はこういったスポットは照明が煌々と点灯していることが多々です。
車中泊を行う際、その照明で寝られないというのは、結局次の日につかれを残す要因となってしまいます。

そこで、さまざまな照明対策があるのですが、今回は「より簡単に」なおかつ「見た目スマートに」にできるアイテムを使って照明対策をしてみます。それが、ブラインドシェードです。
この記事では、私個人がブラインドシェードを使った感想と、使用方法について解説していきます。、

0.ブラインドシェードの簡単な紹介

ブラインドシェードというのは、窓に取り付けるサンシェードの一種。
ただ、普通のサンシェードと違うのは各車種ごとに作られているので、窓にぴったり適合してくれます。
なので、外からの照明などが入ってこないので、車内は周囲の環境に左右されることなく、寝るための環境を作り出してくれます。

さらに、この「ブラインドシェード」一つで、「断熱・防寒・防犯・照明対策」と4つのことが、コンパクトな商品で出来るのです。

 

ですが、実際に購入するには、憚られる人もいるかと思いますので、私が使った感想や、気になる使用感、使用方法をまとめてみました。

 

ブラインドシェードの使用方法

1.コンパクトな商品

ブラインドシェード袋ブラインドシェードレビュー (3)

「F(フロント)」と「R(リア)」に分かれて入っており、2袋分で車全体をカバーしてくれます。
何度か使用しているので、若干コンパクト感がなくなっていますが、狭い軽自動車の荷台部分でもスペースはほとんど取りません。
車中泊を何泊もする方や、旅行荷物をできる限りコンパクトにしたい人にとっては、この要素はかなり大きいです。

 

2.取り付け方も簡単で、強度もあった

ブラインドシェードレビュー

取り付け方ですが、設置場所がわかるように一つひとつにタグが付いています。
ただし、英語表現というのがちょっと難点。それほど、難しくないですし、左右同じ形状の窓なら違ってても問題ナイと思います。(タントの場合は、左右対称ではないので、見ないといけないですが…)

ブラインドシェードレビュー (2)

あとは、その通りに吸盤を窓枠に合わせて貼り付けていくだけです。
角面だけでなく、シェードの真ん中にも吸盤が付いているので、全体的をまんべんなく支えてくれます。
大体全てを設置するのに、5分ほどで完了。
以前は、タオルを窓に挟んだり、ブランケットみたいなものをテープで貼り付けていたのですが、時間もかかるし、寝ているうちに勝手に取れたりして、朝になれば車内が外から見えていたりと手間も、目隠しの意味もありませんでした。

 

3.で肝心の暗さはというと…

ブラインドシェード設置車内

取り付け後の後部座席の様子です。夏のまっ昼間に撮影した写真ですが、中々の暗さでした。基本的に、夜間しか使っていなかったので、昼間でもこれだけ暗さを持っているのは、試しにやってみて正解でした。
これなら、夜の照明は十分にカバー可能です。
照明の真下でもほとんど光が入ることはありません。

 

ブラインドシェード設置外観

そして、外観です。サンシェードと同じように光を反射して、断熱するように出来ていますので、夏の着替えでも使用できます。

 

ただ、間違ってタントでも以前の型版タイプを購入してしまったので、一部の窓でシェードが少し浮いてしまうという失態を犯していたり・・・(なので、購入する際は自分の車の型番を調べてくださいね)

 

そんなブラインドシェードの強みと弱みをまとめてみた

【強み】

  • 車種の種類が豊富であること
  • 車種専用なので、サイズはぴったり
  • コンパクトに収まる
  • 取り付け・取り外しが簡単
  • 照明対策・防寒・断熱・防犯機能など、1粒で4度美味しい仕様

【弱み】

  • 専用車種用ゆえに、取替がきかない
  • 時折、吸盤のメンテが必要
  • 費用がそこそこする。

 

まとめ

ブラインドシェード外観

弱みに関しては、もし車を買い換える予定が近々あるのであれば、次の車になってから購入した方がよいでしょう。

もちろん、その際は、しっかりと型番を調べ、私みたいに間違わないようにしてください。

間違うと、ピッタリ取り付けできません(笑)

吸盤は、どうしても窓の汚れですぐとれてしまったり、吸盤自体の吸着力が弱くなることもあるので、車内窓の清掃をすることと、吸盤の予備を新しく取り替えるか、暖かいお湯でメンテナンスして対応するだけで、ほぼ問題無いかと思います。(そういったメンテナンス説明も販売しているサイトのページで解説しています)
普通の吸盤式のカーテンよりは、多くの吸盤でシェードを支えているので、一つ外れたくらいではびくともしません。

 

そして、最後に費用がそこそこします。
軽自動車のタイプでも2万弱。決して安い買い物ではありません。
自分にとって、今後必要な商品で、これだけの費用を出す価値のあるものなのかは検討してください。

 

もちろん、私個人の意見としては、これだけの機能を持ち、車中泊以外でも、海水浴シーズンの着替え場所代わりにも使用できるので色々な場面で使える便利なアイテムだと思います。

 

また、車中泊をする人間が避けたがる照明の下でも気にせず車中泊ができることは、それだけ他の車中泊をしている人よりも自由が効くという事なので、車中泊をメインにしている方は重宝する商品です。

こういった意見も踏まえ、必要かどうか検討し、快適な旅行を楽しみましょう。

 

↓↓詳しい説明は下記イメージ画像より解説ページへ行けます↓↓

 

ad

サポンサードサーチ

この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえませんか。

ブログの情報はRSSで購読できます。

関連記事

厳選!3つの視点から選んだ、夏の車中泊で使える快適グッズ6選!

  1.夏は実のところ、一番車中泊しずらいシーズン...

記事を読む

車中泊専用マットを実際に使ってみたら、想像以上に快適になった

車中泊をしていて、「家と同じように快適に寝たい」という欲求が出...

記事を読む

冬の車中泊で使える、一度使ったら手放せないエコなカイロ

冬の車中泊といえば、防寒対策がとても大切です。 布団・寝袋・窓や床下...

記事を読む

夏の車中泊に使える扇風機はこれだ!

夏の車中泊は、暑さ対策をいかに行うかによって、快適さが変わって...

記事を読む

新着記事

地震など災害時における車中泊について

2016年熊本地方を震源とする熊本地震は、死者225名、負傷者2753...

記事を読む

災害時の車中泊で対策しておくべき5つの事とは?

災害時に車中泊を行うというのは、極力に避けた方がいいですが、万が一避難...

記事を読む

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

記事を読む

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

記事を読む

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

*

ad

サポンサードサーチ

地震など災害時における車中泊について

2016年熊本地方を震源とする熊本地震は、死者225名、負傷者2753...

災害時の車中泊で対策しておくべき5つの事とは?

災害時に車中泊を行うというのは、極力に避けた方がいいですが、万が一避難...

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

→もっと見る

PAGE TOP ↑