*

冬の車中泊グッズ~シュラフ・寝袋の上手な選び方~

雪の結晶

冬の車中泊といえば、防寒対策が重要な要素になってきます。

防寒対策としては、窓に対する防寒対策もありますが、今回は、冬の車中泊におけるシュラフ・寝袋選び方についてまとめてみましたので、ご参考下さい。

窓に対する防寒対策については、「車中泊での照明対策を色々実践したまとめ」に詳しく、情報をご紹介していますので、ご覧下さい。(記事内容が関係ないようですが、実は結構関係があります)

 

 

シュラフ・寝袋選びのポイント

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブマミーシュラフ600 グリーン[最低使用温度5度] M-3438

1.行く場所によってシュラフ・寝袋を選ぼう

まず、シュラフ・寝袋を選ぶ際の秘訣は、

「予想される最低気温よりも最低使用温度に余裕のあるシュラフ・寝袋を選ぶ」

 

大体予想される最低気温の5℃以上低めに対応出来る寝袋を用意することで快適に過ごせます。

 

参考値にはなりますが、

北海道・本州の標高1,000m以上の高地の場合:-10~-15℃が平均最低気温(1月)
日本各地の平野部の場合:-5~-10℃が平均最低気温(1月)

となっていますので、それよりも「最低使用温度」が5℃以上余裕のあるものを選ぶのがベストです。

 

なぜ、平均最低気温を見てシュラフを用意する必要があるかというと、エンジンを切った状態の車内は、夜明け前には、車外温度と同じくらいに下がるからです。車は意外と保温力はありませんので、シュラフなどでしっかりと防寒する必要があります。

 

2.シュラフの形状の種類は、「マミー型」を選ぼう

 

シュラフ・寝袋には2つのタイプが存在します。
それは、「封筒型」と「マミー型」です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォルノ封筒型シュラフ800 ダークネイビー[最低使用温度12度] M-3473キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブマミーシュラフ600 グリーン[最低使用温度5度] M-3438

 

「封筒型」は、夏場をメイン使用するタイプで、広げて布団の代わりにも出来るタイプです。価格も安くてよいのですが、冬場にはオススメできません。

理由は、身体への密着度が低いため、隙間が出来てしまい、冷気が入り込みやすいからです。

 

一方「マミー型」は、冬場などに対応出来るように、余分なスペースをつくらず身体にフィットするように作られているので、保温性は抜群です。

さらに、封筒型よりも軽量かつコンパクトですので、荷物スペースに余裕がない軽自動車には特にオススメしたい商品です。
ただし、値段は封筒型に比べると高めです。また封筒型と違い圧迫感はあります。

 

3.中綿は、できればダウン。でも化学繊維でもOK

 

シュラフ・寝袋の中綿は主に2つに大別されます。

  • ダウン
  • 化学繊維

 

ダウンは、鳥の羽毛や綿毛を使用した物です。某ユニクロでもウルトラライトダウンという商品を出しているとおり、軽くて、コンパクトさが強みです。また、暖かさは化学繊維に比べても格段に上になります。
ですが、価格は化学繊維に比べて高いことと、お手入れが大変であることが弱みです。

一方、化学繊維は、ダウンに比べると、暖かさは劣りますが、値段は安いタイプが多いです。お手入れも簡単で、洗濯が可能なのはかなりの強みです。

結論としては、暖かさを重視して置く必要があれば、ダウンタイプ。
価格は安い方・お手入れが簡単な方がよい場合は、化学繊維タイプを選ぶといいでしょう。

私、個人は化学繊維を使っています。(それほど、寒いところへ車中泊へ行かないので)

 

まとめ

 

シュラフ・寝袋は、しっかりと考えて購入をした方がいいです。
買ってみて、いざ車中泊をして寒くて寝られなかったでは、楽しい旅も台無しです。

まとめとしては、

冬の車中泊では、マミー型のダウンもしくは、化学繊維のシュラフで、行こうと想定している地域の最低気温に-5度以上して耐えられる最低使用温度のものを選ぶ。

(なんか、長くなりましたね・・・笑)
DOPPELGANGER OUTDOOR (ドッペルギャンガーアウトドア) ヒューマノイドスリーピングバッグ 人型寝袋 ver.5.0 DS-04B David [最低使用温度 5度]

 

市場価格より安価で安心の信頼感:amazon(アマゾン)売れ筋のシュラフ・寝袋ランキングはこちら

 

【冬・通年の車中泊に関する記事です。ご参考下さい】

車中泊での照明対策を色々実践したまとめ
照明が明るくて、寝れない人向けに色々試した結果を書いています。

冬の車中泊グッズ~あまりお金かけたくない編~
お金をかけずに、どこまで冬の寒さに対抗出来るかを書いた記事です。

冬の車中泊~寒さ・防寒対策~
冬に車中泊をする場合、防寒対策は必須。でも何をすればいいのか分からない人向けの記事です。

車中泊グッズをコンパクトに揃えるには?まとめ
数ある車中泊グッズでもコンパクトさに重点をおいたグッズの提案をしています。

車用充電器・インバーターの上手な選び方
家電の用途別で、どういう充電器・インバーターがいいか提案しています。

 

ad

サポンサードサーチ

この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえませんか。

ブログの情報はRSSで購読できます。

関連記事

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

記事を読む

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

記事を読む

冬の車中泊で出発前に必ず準備しておくべき5つのアイテム【車編】

冬に車中泊をするとき、まずはじめに考えるのが自分自身の防寒対策...

記事を読む

冬の車中泊で使える、一度使ったら手放せないエコなカイロ

冬の車中泊といえば、防寒対策がとても大切です。 布団・寝袋・窓や床下...

記事を読む

冬の車中泊は、寝袋がいいのか布団がいいのか?

冬の車中泊と言えば、寒さ・防寒対策が大切になってきます。 そ...

記事を読む

新着記事

地震など災害時における車中泊について

2016年熊本地方を震源とする熊本地震は、死者225名、負傷者2753...

記事を読む

災害時の車中泊で対策しておくべき5つの事とは?

災害時に車中泊を行うというのは、極力に避けた方がいいですが、万が一避難...

記事を読む

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

記事を読む

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

記事を読む

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

*

ad

サポンサードサーチ

地震など災害時における車中泊について

2016年熊本地方を震源とする熊本地震は、死者225名、負傷者2753...

災害時の車中泊で対策しておくべき5つの事とは?

災害時に車中泊を行うというのは、極力に避けた方がいいですが、万が一避難...

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

→もっと見る

PAGE TOP ↑