車中泊に使えるグッズ一覧

車中泊での照明・街灯対策を色々実践したまとめ

更新日:

車中泊の照明対策

車中泊において、照明対策は必須です。
なぜなら、道の駅や、SA・PAは基本的に夜間は照明が付いていることがほとんどです。

可能な限り、照明の近くを避けて車中泊をしたいのですが、そういった場所は早々に埋まってしまいます。

また夜は暗くないと寝られない人にとっては、照明の明かりが気になり寝られないのも嫌なものです。

 

「じゃあ、どうするか?」ということで、「照明の下でも寝られるようにしてしまえば解決」ということで、これまで私が実践してきた照明対策について、時系列的にまとめてみました。

 

車中泊を始めた当初の照明対策

やってみたその1~薄いタオルケットとサンシェード~

車中泊を始めた当初。照明対策として、フロントには折りたたみ式のサンシェード。
窓に薄い掛ふとんを養生テープで貼り付けて、車を覆っていました。

フロント部分は問題なかったのですが、内装が傷つかないように使っていた養生テープが掛け布団の重量に耐え切れず、朝起きたら落ちていました(笑)

 

やってみたその2~新聞紙とサンシェード~

次に重さが耐えられないなら軽い素材を!
ということで、新聞紙を使うことにしました。
この場合は、朝まで落ちることなく寝ることができたのですが、あまりにもみすぼらしく、周りが気になる私にとっては、却下。

 

やってみたその3~吸盤式カーテンとサンシェード~

次に、既成品で売っている取り外しの可能な吸盤式カーテンを購入しました。
窓に吸盤を取り付けて、カーテンをぶら下げるという方法なのですが、この方法の場合、不器用なのか私には上手く取り付けができず、隙間ができたり、数個の吸盤では重さに耐え切れず、落ちてしまうこともあり、上手く使いこなすことができませんでした。

 

やってみたその4~車中泊向けシェード~

簡単に設置・取り外しができて、車を傷つけず、なおかつコンパクトなもので、不器用な自分で扱えるものはないかと探していた所、

「AIZU(アイズ)」のマルチシェードというものを見つけました。

照明対策にもなり、断熱・防寒に優れ、防犯面でもしっかりと車内がみえないようになる、マルチシェードは、理想に近い商品でした。
さらに、車種別で販売しており、サイズは車ピッタリ。若干気になるのが、コンパクトさにかけるということでした。
さらに車中泊専門の商品を売っているメーカーで、信頼性・機能性も抜群をいうことを考えると、「これは、買っておいて損はないかも」と購入寸前までいきました。

 

だがしかし、ここで大きな問題にぶつかるわけで・・・

確かに、車種別専用で販売しているAIZUのマルチシェードですが、取り扱い車種にタントがないことが判明
200種類という車種扱いはとても多いのですが、取り扱いとして車中泊によく使われるハイエースや、ボンゴなどの大型ワゴンや、ミニバンなどで、軽自動車取り扱いは軽バンくらいと、ほとんど取り扱いがなかったのです。

 

車種別で他に売っているメーカーはないのかな・・・

そこで、タントで使用できるマルチシェードと同形の商品はないかと探し、
色々とサイトを検索していると、車中泊専門用品サイトで、「BRAHMS(ブラームス)ブラインドシェード」というのを見つけました。

そして、サイト説明を見て、これならマルチシェードと同じような効果があると判断し、購入。
今は、ブラインドシェードを使用して、車中泊をしています。
このブラインドシェード一つで、「断熱・防寒・防犯・照明対策」の4つの機能を果たしてくれるのは、かなり強いです。
そんな詳しい解説や、実際に使用した使用感については、別記事「車中泊グッズの定番~ブラインドシェードを買って損はない~」に書いていますので、ご参考ください。

 

 

-車中泊に使えるグッズ一覧

Copyright© 車中泊を楽しもう!~車旅style~ , 2017 All Rights Reserved.