軽自動車で車中泊

ムーヴ(MOVE)での車中泊~シートアレンジの課題と対策~

投稿日:

ムーヴ車中泊

ダイハツのムーヴは、車中泊は可能ですが、快適に車中泊を行うには、存在する課題を解決しなければなりません。

今回は、課題に対する対策をより具体的に書いていきたいと思います。

 

1.リクライニングタイプの場合

ムーヴ(move)シートアレンジ2r

リクライニングタイプの場合、課題は2つです

  • いかに長さを伸ばすか
  • シートのくぼみと隙間をいかにうめるか

ムーヴの通常のシートアレンジでは、155cm程しか、長さを取ることができません。

大人の男性であれば、後20~30cmほしい所です。

そこで、前の座席の下に、荷物を置いてしまう方法があります。軽自動車の場合、荷物を置くスペースをコンパクトにする必要から、開いている座席下スペースを上手く活用します。

荷物を入れることで、平坦にしてしまうことで、長く寝られるスペースを作ってしまうのです。

ムーブは、前の隙間が、約30cmあるので、十分な長さを確保出来るかと思います。

ただし、運転席の場合は、アクセル・ブレーキがあるので、荷物の置き方には注意が必要です。

 

シートのくぼみ・隙間を如何に埋めるか

ムーヴのシートの隙間はそれほどではないのですが、問題はくぼみです。
前座席のくぼみが約10cm程あり、快適に寝ることを妨げます。

前座席のおしり部分のシートの長さは、約50cm強なので、枕を用いたりすれば、平坦にすることが可能になるでしょう。

そして、その上にマットを敷けば、より快適に寝ることができます。

 

2.ラゲッジタイプの場合

ムーヴ(move)シートアレンジ3r

ラゲッジタイプの課題は、2つ

  • 如何に隙間と傾斜を埋めるか
  • シートの硬さを如何に解決するか

この場合、隙間は、後部座席と前の座席出来る隙間なのですが、ここも、シンプルタイプ同様荷物をいれこめばOKです。

問題は傾斜です。

ムーヴの傾斜は前に向かって約10cm

なので、100cm程ロングクッション1枚ないし2枚を用意して、傾斜までの低い部分のかさ上げを行います。

それで、傾斜をなくせば、寝ることができます。

そのまま寝ても問題は、ないかと思いますが、若干の凸凹や、ロングクッションの柔らかさによっては、違和感を感じてしまうことが多々あります。
(意外とちょっとした違和感があると、寝にくかったりします。私の場合…)

より快適に平坦に寝たいのであれば、その上にマットを敷くことをおすすめします。

より詳しくどういったモノを使って、どういう風に設置すべきかの解説は、「ムーヴ(MOVE)での車中泊~ベッドメイキング方法~」を御覧ください。

 

他には、こんな記事を書いています。ご参考ください。

車中泊での照明・街灯対策を色々実践したまとめ
照明が明るくて、寝れない人向けに色々試した結果を書いています。

車中泊グッズをコンパクトに揃えるには?まとめ
数ある車中泊グッズでもコンパクトさに重点をおいたグッズの提案をしています。

車用充電器・インバーターの上手な選び方
家電の用途別で、どういう充電器・インバーターがいいか提案しています。

-軽自動車で車中泊

Copyright© 車中泊を楽しもう!~車旅style~ , 2017 All Rights Reserved.