*

タントでの車中泊~シートアレンジの課題と対策~

タントでの車中泊では、快適に過ごすには色々な課題があります。
今回は、シートアレンジの課題に重点を置いて、どのような対策が必要かを考察していきます。

 

シートアレンジ時の段差

タントで車中泊をするシートアレンジで最適な方法は、フルフラットタイプです。
一人の車中泊の場合は、この方法が一番快適に寝ることが出来る方法ですし、私はいつもこの形で寝ています。

Rフルフラットタイプ

この場合、課題として出てくるのは、
「いかにして、前席との段差を克服するか」

ということになります。

 

タントで車中泊する際の課題

この段差をどうにかしなければ、快適な車中泊ができません。

で、実際に測ってみました。
なんと、段差が17cm…

 

この段差を完璧にフラットにするには、板を買ってきて、下に支えをおいて埋めなければなりません。
こうなると、自作が必要ですし、手間も大変です。なにしろ、こんな面倒でスペースの取るようなことはできればしたくない。

 

ですが、タントに乗って車中泊を考えているなら、別に完璧にフルフラットにする必要はないと思います。
むしろ段差をある程度は埋めておき、あとはうまく段差を活用するのが一番手軽かつ、簡単な方法です。

段差の活用方法としては、「足枕にする」

理由は、長時間運転による足の血流を少しでも良くするためです。
運転をすると、どうしても足に血がたまりがちです。
そこで、タントの段差をうまく活用して、足の疲れやむくみの対策をします。
ですが、17cmの段差はかなり大きいものです。
段差を可能な限り小さくする努力はすべきですし、そのままの状態ではシートが硬いです。

間違いなく何らかの対策をしないと寝ることができません。

 

段差の緩和とシートの硬さに対する対策はどんな方法があるか?

tantoシートアレンジ-(35)

 

では、実際に、荷台からタントの助手席の段差までの長さと、幅を計ってみました。
幅が50cmで、長さが146cmです。幅に関しては、一番狭いところを計測しています。

できれば、この大きさに適合するものがあるといいですよね?

 

適合する対策方法について、解説していきます。

対策1:ロングクッションと枕

ホームセンターで売っている120cmほどのロングクッションを2枚重ねて、足りない長さを枕で継ぎ足す方法です。

まぁ、予算は120cmロングクッションが、900円×1~2枚。枕が一つ2,000円と考えれば、3000~4000円程でできる方法です。
確かにこれで問題はないのですが、ロングクッションは意外とスペースを取ります。
それが厚みの関係上、2枚以上必要になることが多く、さらにスペースを取ります。
しかも、少し長さが足りないので、完全に適合しているとは言えません。

 対策2:エアマット

なので、次の考えるのが、適合するエアマットを使うことです。
幅50cmで、146cmほどのマットとなってくると、キャンプで使うエアマットで適合するものがあります。
この場合、費用は7,000~8,000円程かかりますが、エアマットなのでコンパクトで済み、荷物スペースを取りません。
軽自動車の場合、荷物スペースの少なさは大きな課題です。なので、こういった商品は全てコンパクトにした方がいいでしょう。

 

もし何度も車中泊をする予定があるのであれば、荷物の積み下ろしのことを考えても、楽ですし、そのままにしておいてもスペースの取らないエアマットを買ったほうが、便利ではないでしょうか。

このタントに適合するエアマットに関する解説は、「タントでの車中泊~おすすめエアマット~」で紹介しています。

 

まとめ

  • タントのシートアレンジの課題は、段差17cm
  • 埋めるには、ロングクッションを使うか、エアマットを使う。
  • ロングクッションの場合は、スペースを取るが、お値段はお手頃。
  • エアマットの場合は、スペースは取らないが、お値段は高め。

選択としては、この2つが一番手軽なやり方だと思います。
あとは、自分がどこまで快適さを求めるかどうかですし、他にも色々な方法があります。
ただ、自分が実践してきて段差を埋めやすい方法は、この2つだと思います。

 

【軽自動車で車中泊を考えている方にとって読んでいただきたい記事です。ご参考下さい。】

タントでの車中泊~おすすめエアマット~
タントに適合するエアマットについて、紹介しています。

軽自動車での車中泊の課題と解決方法
いくら強みのある軽自動車でも弱みはあります。その弱みに切り込み、出来る限りの解決策を書いています。

コンパクトかつ快適に車中泊出来るベッドメイキングについて
車中泊における重要なベッドメイキングをいかにコンパクトにするかを重点において解説しています。

「車中泊グッズをコンパクトに揃えるには?まとめ

車中泊をしていると色々と必要なものが出てきます。ですが、軽自動車はスペースが限られています。
コンパクトに揃えるグッズについて解説しています。

ad

サポンサードサーチ

この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえませんか。

ブログの情報はRSSで購読できます。

関連記事

ムーヴ車中泊2

ムーヴ(MOVE)での車中泊~ベッドメイキング方法~

  今回は、ムーヴで使えるマットを具体的にどのような物...

記事を読む

ムーヴ車中泊

ムーヴ(MOVE)での車中泊~シートアレンジの課題と対策~

ダイハツのムーヴは、車中泊は可能ですが、快適に車中泊を行うには...

記事を読む

ムーヴで車中泊2r

ムーヴ(MOVE)での車中泊~シートアレンジ~

新車販売No.1によく輝く軽自動車の定番車種であるムーヴ(MO...

記事を読む

R整理前 3150

軽自動車での車中泊の課題と解決方法

軽自動車での車中泊は、私自身ダイハツ「タント」でやっていますが...

記事を読む

パレット車中泊

パレットでの車中泊

軽自動車でも、人気車種の一つであるスズキ「パレット」 今...

記事を読む

新着記事

地震速報_R

地震など災害時における車中泊について

2016年熊本地方を震源とする熊本地震は、死者225名、負傷者2753...

記事を読む

地震_R

災害時の車中泊で対策しておくべき5つの事とは?

災害時に車中泊を行うというのは、極力に避けた方がいいですが、万が一避難...

記事を読む

道の駅しなの2

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

記事を読む

道の駅しなの

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

記事を読む

自作サンシェード (2) - コピー

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

*

ad

サポンサードサーチ

地震速報_R
地震など災害時における車中泊について

2016年熊本地方を震源とする熊本地震は、死者225名、負傷者2753...

地震_R
災害時の車中泊で対策しておくべき5つの事とは?

災害時に車中泊を行うというのは、極力に避けた方がいいですが、万が一避難...

道の駅しなの2
【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

道の駅しなの
【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

自作サンシェード (2) - コピー
少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

→もっと見る

PAGE TOP ↑