*

タントでの車中泊~段差を埋めるおすすめエアマット~

タントで車中泊をする一番の課題である「段差を如何に埋めるか」ということですが、適合するマットを探す必要があります。
タントにぴったりなエアマットを今回は、解説してきます。

 

適合するマットはどれか?

タントの荷台部分から、段差まで約146cmほどあります。前にスライドさせれば、150cm強の長さになります
一般的なマットでは、180cmが大半なので、段差がかぶってしまい、段差をなくすことができません。

tantoシートアレンジ-(35)

そこで、適合する146cm程のマットを探す必要があります。

これに適合するのを探してみると、「モンベル社製のエアマット」が幅50cm×長さ150cm×厚さ8cmとほぼぴったりの商品がありました。

モンベル(mont-bell) U.L.コンフォートシステム エアパッド150 オレンジブリック OGBR 1124320
モンベル(mont-bell) (2012-01-24)
売り上げランキング: 25,185

 

 

この商品の特徴って?

このエアマット商品は、 自分でふくらますタイプです。
タントにもぴったりですし、厚さも8cmあるので段差を埋めるには、ちょうどいい商品ですし、固さも申し分ありません。

タントでの車中泊マット例
また、コンパクトな商品なので、収納性は抜群です。
自分でふくらますタイプは意外と敬遠されがちですが、自分で固さを調整できるのが強みですし、強度も強めです。

しかも、それほど膨らませるのに時間がかからないように設計しているので、ある意味、せっかちな自分には意外と相性の合っている商品です。

 

あと9cmの段差をなくす必要性は?

あとは、9cmある段差をなくすか、そのままで寝るかのどちらかになってくるわけですが、
もう一つ買い足せば、段差はあと1cmになるので、ほとんど気にならなくなります。

ただし、すべりやすい素材なので、すべり止めで真ん中にタオルを滑り込ます方がいいと思います。

 

ですが、私個人はこの段差は、逆に「足枕」としてうまく活用した方がよいかと思います。

なぜなら、運転している時の姿勢は、どうしても足に疲れが発生します。
原因としては、血流の循環が悪くなり、乳酸などが溜まりやすいからです。デスクワークをされている方も同じ症状が出ます。

 

タントの弱みである段差を、足枕として利用することで弱みを新しい価値に変えられるのは、すごいと思いませんか?

 

 

実は、このマット。他のシートアレンジでも活用できます。

別記事「タントでの車中泊~シートアレンジの方法編~」でもシートアレンジの方法について解説していますが、
リクライニングタイプや、ラゲッジタイプでも使用が可能です。

ラゲッジタイプの場合、斜めに引いて、足りない長さは枕を足すのもいいですし、もう一枚購入して荷台に並べるのも可能です。
その場合でも、収納はコンパクトなので2枚購入しても、スペースを取りません。

 

リクライニングタイプの場合は、下記写真のように使えば使用出来ます。

タントでの車中泊マット例2

前席の窪みは、どうしてもエアマットでは改善できないので、そこには厚みのある枕を用意します。
そして、15cm程前にせり出させて、足りない部分に頭を置くように枕を設置すれば、フラットなベッドメイキングが可能になります。

 

 

150cmなので、意外に応用が効かないイメージがあったかと思いますが、家にあるものを使えば、タントの車中泊ではほとんどのシートアレンジで使用できるのです。

また、キャンプをする方ならこのマットはキャンプ用ですので、テントでも使用できます。

amazonで、約9,000円弱の価格がしますが、

  • 何度も車中泊をする人
  • 荷物をよりコンパクトに収めたい人
  • 車中泊後の保管を楽に済ませたい人

は、「タントでの車中泊~シートアレンジの課題と対策~」で書いたロングクッション方式よりもこちらがおすすめです。

理由は簡単。

コンパクトで済み、片付けも楽で、手間もかからないからです。
確かに費用はかかりますが、快適を求めるなら価値ある商品だとは思いませんか?

 

商品は、安心安全の世界最大級のショッピングサイト「amazon(アマゾン)」で購入できますし、通常配送なら3日程。
お急ぎ便を使えば、2日以内に届きます。送料も無料です。
詳しくは、下記ページより

モンベル(mont-bell) エアパッド150の商品ページはこちら

をご覧下さい。

 

 

ad

サポンサードサーチ

この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえませんか。

ブログの情報はRSSで購読できます。

関連記事

車中泊

厳選!3つの視点から選んだ、夏の車中泊で使える快適グッズ6選!

  1.夏は実のところ、一番車中泊しずらいシーズン...

記事を読む

車中泊マット 014r

車中泊専用マットを実際に使ってみたら、想像以上に快適になった

車中泊をしていて、「家と同じように快適に寝たい」という欲求が出...

記事を読む

防寒対策

冬の車中泊で使える、一度使ったら手放せないエコなカイロ

冬の車中泊といえば、防寒対策がとても大切です。 布団・寝袋・窓や床下...

記事を読む

扇風機と子供

夏の車中泊に使える扇風機はこれだ!

夏の車中泊は、暑さ対策をいかに行うかによって、快適さが変わって...

記事を読む

ブラインドシェード設置外観

照明・防寒対策をより簡単にスマートにできるアイテムはこれだ!

車中泊を行うユーザーの多くは、道の駅や高速道路のSA、PAを選ばれるこ...

記事を読む

新着記事

道の駅しなの2

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

記事を読む

道の駅しなの

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

記事を読む

自作サンシェード (2) - コピー

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

記事を読む

白川郷 (2)

【夏のおすすめ車中泊旅】岐阜県白川郷・石川県なぎさドライブウェイ~山と海両方楽しむ贅沢旅

夏といえば、山も海もどちらも魅力的。 それを両方楽しめるのが、岐...

記事を読む

ひたちなか海浜公園

【車中泊旅プラン】幻想的な丘を撮影する~茨城県・国営ひたち海浜公園~

今回、訪問したのは茨木県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

*

ad

サポンサードサーチ

道の駅しなの2
【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

道の駅しなの
【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

自作サンシェード (2) - コピー
少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

白川郷 (2)
【夏のおすすめ車中泊旅】岐阜県白川郷・石川県なぎさドライブウェイ~山と海両方楽しむ贅沢旅

夏といえば、山も海もどちらも魅力的。 それを両方楽しめるのが、岐...

ひたちなか海浜公園
【車中泊旅プラン】幻想的な丘を撮影する~茨城県・国営ひたち海浜公園~

今回、訪問したのは茨木県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園...

→もっと見る

PAGE TOP ↑