*

車中泊グッズをコンパクトに揃えるには?まとめ

荷物

車中泊は、長期に渡れば渡るほど、荷物をコンパクトにする必要が出てきます。
なぜなら、車という限られたスペースで、旅をするスタイルだからです。

なので、今回は荷物をできる限り少なくて済むコンパクトなグッズのまとめです。

 

1.ベッドメイキング編

パレット2人車中泊

快適な車中泊を行うには、ベッドメイキングは重要です。
必要な用品は3つほどです。

 

  1. 隙間・段差を減らす枕・タオル
  2. シートをフラットにするマット
  3. 寝るための寝袋・布団

 

1.隙間・段差を減らす枕・タオル

この商品は出来る限りコンパクトさが求められます。ですが、この枕・タオルは段差を埋めるために必要ですが、段差が少ない、隙間がない場合は、使う必要はありません。
必要な場合は、できる限り最小限の量で済むように、事前に隙間・段差を埋める方法を実験しておくことがキモです。

 

2.シートをフラットにするマット

North Eagle(ノースイーグル) 超極厚保インフレターマット NE284
North Eagle(ノースイーグル) (2012-04-05)
売り上げランキング: 19,743

 

このように、キャンプで使用する空気を入れて使うインフレーターマットは、コンパクトなサイズに収められるので、便利です。

詳しい解説については、別記事「コンパクトかつ快適に車中泊出来るベッドメイキングについて」解説していますので、ご参考下さい。

 

ほかにも、車中泊専用のマットがあります。
こちらも10cmの厚みがあり、今知っているマットの中で一番厚みのある商品です。
空気で膨らみ、滑り止めもついており大変便利です。
こちらも別記事「コンパクトかつ快適に車中泊出来るベッドメイキングについて」で解説しています。

 

選ぶ際の基準としては、空気式で厚み8cm以上あるものが、段差・隙間を気にせずにベッドの基礎部分を作ることが可能です。

 

3.寝るための布団・寝袋

 

夏の場合は、それほど気にする必要がなく、簡易なタオルケットで問題ないのですが、問題は冬の対応です。

コンパクトでも中途半端に安いものを選ぶと、冗談抜きにして寒くて寝られません。
しっかりと、何がいいかを検討して購入しましょう。

 

さて、本題に戻り・・・
布団というのは、この場合、掛け布団を想定した解説になるのですが、掛け布団を選ぶ際は、コンパクトかつ暖かい羽毛布団がオススメです。
羽毛布団+布団収納袋などを用いて、できる限りコンパクトに収めます。

 

ですが、どうしてもコンパクトさに欠けるので、私としては「寝袋」の方が好きです。

寝袋は、キャンプ用品として大変コンパクトかつ高機能な商品が揃っています。

特に私のオススメは、マミー型の寝袋。冬場は、どうしても顔部分も冷えるので、カバー出来るタイプであるのがオススメです。

 

MONT BLANC(モンブラン)高級ダウン寝袋 マミー型 シュラフ スリーピングバック [最低使用温度-25度](レッド)

 

 

ただし、寝袋の場合は、身体が固定されるので、もし固定されたくない場合は、布団の方が自由が効きます。

 

 

2.照明対策編

ブラインドシェード設置外観

 

次にコンパクトにしないといけないのが、照明対策を行うためのグッズ。
「道の駅」・「PA・SA」は、車中泊の定番スポットですが、照明は夜間煌々とついています。

その照明を避けるために、サンシェードなどを用意するのですが、意外とこれもかさばります。

 

据付型のカーテンであれば、スペースが必要ないのですが、その場合車内に穴を開ける必要があるので、私はあまり好きではありません。

なので、普段は取り外し出来るタイプのサンシェードを使っています。
おすすめは、ブラームスの「ブラインドシェード」です。

 

BRAHMS(ブラームス) ブラインドシェード リアセット スズキ エブリィワゴン/バン DA64W/V 標準ルーフ

 

 

車種別で用意されているので、ぴったりと窓に収まりますし、断熱・防寒・防犯としても使えます。
詳しい理由や、使用感について詳しくは、「車中泊で照明対策を色々実践したまとめ」で解説していますので、ご参考下さい。

 

3.その他コンパクトにするグッズ編

他でコンパクトに治める必要が出てくるのは、衣類です。
衣類をコンパクトに収めるには、衣類用の圧縮袋がおすすめです。

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 10枚組
大雄
売り上げランキング: 206

 

 

衣類も長期にわたると意外とかさばるものです。

 

まとめ

意外とコンパクトに収納出来る方法はたくさんあります。
あとは、どこまで自分の車に収納出来るスペースと予算の都合の問題かと思います。
スペースが取れるのであれば、家庭で使っている布団をそのまま持ち込むのもアリだと思います。
ですが、車中泊は運転もしますので、後部座席が荷物でいっぱいというのは、後部の視界不良にもつながります。
また、コンパクトにすることってシンプルになるということなので、とてもすっきりとした気分になって楽しいですし、追求してみるのも面白いかと思います。

 

【ほかにもこんな記事を書いていますので、ご参考下さい】

車用充電器・インバーターの上手な選び方
家電の用途別で、どういう充電器・インバーターがいいか提案しています。

車中泊で用意しておきたい荷物一覧
必要なものがどんなもので、どういうものを持っていくと便利なのかを書いています。

コンパクトかつ快適に車中泊出来るベッドメイキングについて
車中泊において、快適を追求しつつコンパクトに収まるベッドについて書いています。

車中泊での照明対策を色々実践したまとめ
照明が明るくて、寝れない人向けに色々試した結果を書いています。

ad

サポンサードサーチ

この記事が気に入って頂けたらシェアしてもらえませんか。

ブログの情報はRSSで購読できます。

関連記事

車中泊

厳選!3つの視点から選んだ、夏の車中泊で使える快適グッズ6選!

  1.夏は実のところ、一番車中泊しずらいシーズン...

記事を読む

車中泊マット 014r

車中泊専用マットを実際に使ってみたら、想像以上に快適になった

車中泊をしていて、「家と同じように快適に寝たい」という欲求が出...

記事を読む

防寒対策

冬の車中泊で使える、一度使ったら手放せないエコなカイロ

冬の車中泊といえば、防寒対策がとても大切です。 布団・寝袋・窓や床下...

記事を読む

扇風機と子供

夏の車中泊に使える扇風機はこれだ!

夏の車中泊は、暑さ対策をいかに行うかによって、快適さが変わって...

記事を読む

ブラインドシェード設置外観

照明・防寒対策をより簡単にスマートにできるアイテムはこれだ!

車中泊を行うユーザーの多くは、道の駅や高速道路のSA、PAを選ばれるこ...

記事を読む

新着記事

道の駅しなの2

【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

記事を読む

道の駅しなの

【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

記事を読む

自作サンシェード (2) - コピー

少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

記事を読む

白川郷 (2)

【夏のおすすめ車中泊旅】岐阜県白川郷・石川県なぎさドライブウェイ~山と海両方楽しむ贅沢旅

夏といえば、山も海もどちらも魅力的。 それを両方楽しめるのが、岐...

記事を読む

ひたちなか海浜公園

【車中泊旅プラン】幻想的な丘を撮影する~茨城県・国営ひたち海浜公園~

今回、訪問したのは茨木県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

*

ad

サポンサードサーチ

道の駅しなの2
【冬の車中泊】車内の防寒対策で行うべき3つのスポット

冬の車中泊の快適さを左右するのは、防寒対策がどれだけ充実してい...

道の駅しなの
【冬の車中泊】実際に氷点下で寝てみたらどうなるか試してみました。

以前、冬の車中泊に関する記事を書いた事があったのですが、実際に...

自作サンシェード (2) - コピー
少しのお金で、車中泊対策!自作シェード(目隠し)の作り方

0.そういえば、前にブラインドシェードの紹介していなかった? は...

白川郷 (2)
【夏のおすすめ車中泊旅】岐阜県白川郷・石川県なぎさドライブウェイ~山と海両方楽しむ贅沢旅

夏といえば、山も海もどちらも魅力的。 それを両方楽しめるのが、岐...

ひたちなか海浜公園
【車中泊旅プラン】幻想的な丘を撮影する~茨城県・国営ひたち海浜公園~

今回、訪問したのは茨木県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園...

→もっと見る

PAGE TOP ↑