冬の車中泊 車中泊基礎知識

冬の車中泊は、寝袋がいいのか布団がいいのか?

更新日:

冬の車中泊

冬の車中泊と言えば、寒さ・防寒対策が大切になってきます。
その中で、気になるのは「寝袋」と「布団」はどっちがいいのか?ということです。

今回は、両方のメリット・デメリットを考えつつ、まとめてみました。

 

「寝袋」と「布団」のメリット・デメリット

「寝袋」
ロゴス(LOGOS) 丸洗いアリーバ・-15 [最低使用温度-15度] 72941050

<メリット>

  • 体全体を覆うので、密着性が高く、冷気が入り込みにくい
  • コンパクトに収納できるので荷物としてかさばらない

<デメリット>

  • 薄さゆえに布団に比べて断熱性・防寒性が劣る
  • 薄さをカバーするために、重ね着して寝る必要がある

 

「布団」

ハンガリー産 ホワイトダウン 93% 清潔 抗菌 防臭 洗える 立体キルト 羽毛肌布団 (ダウンケット) シングル 洗濯ネット付 日本製 エクセルゴールド 国産

 

<メリット>
・厚みで断熱性・防寒性が寝袋に比べて高い
・寝袋に比べて、それほど重ね着する必要はない

<デメリット>
・密着性が低いので、肩や、足元は冷気が入り込みやすい
・厚みがあるので、荷物としてかさばる

 

布団を用いて車中泊をする場合、家と変わらない格好で寝られて快適性に優れている反面、荷物としてかさばってしまいます。
寝袋の場合は、収納面では優れていますが、着こんだりすることで、防寒対策が必要です。

なので、1人の車中泊なら布団、大人数なら寝袋。小さ目の車なら、寝袋。大き目の車なら、布団がいいでしょう。

結論としては、「どちらもよし悪しがあり、快適性を追求するなら布団。収納性を追求するなら寝袋。」ということです。

ただし、両方ともいえることは、けちって安い布団や寝袋で車中泊をすると後悔しますし、床下からの冷気や窓からの冷気を防ぐ対策は必ず必要です。

車中泊する場所、車中泊する人数、車中泊する日数に応じて、どの荷物が快適かつ、収納も可能なのかを夏の車中泊よりも入念に考えておくべきでしょう。

ほかにも冬の車中泊に関する記事を書いていますので、参考にしてみてください。

 

他にもこんな記事を書いています。

冬の車中泊での寝袋・シュラフの選び方

冬の車中泊での防寒対策の要です。しっかりと選んで車中泊を快適にしましょう。

 

-冬の車中泊, 車中泊基礎知識

Copyright© 車中泊を楽しもう!~車旅style~ , 2017 All Rights Reserved.