車中泊基礎知識

車中泊をしていると気になる「音」対策

更新日:

音

車中泊をしていると、気になる○○の対策第2弾。

今回は、私は基本そうならないように回避している「気になるときは、とことん気になるアレ」の対策です。

 

 

エンジン音、車の走行音気になりませんか

基本的に、車中泊はエンジンを切って寝るのが、マナーとして暗黙の了解とされています。

 

ですが、高速道路や、道の駅は休憩のために立ち寄る方もたくさん多く、エンジン音や、走行音が耳につくことがあります。
また、近年の車中泊ユーザーの増加でそのマナーを気にせず、アイドリングで寝ている人もいます。

 

また、トラックの運転手は基本的にエンジンをかけっぱなしで寝ています。
そして、振動もあるので、近くに止まらないように、場所を考えて駐車しましょう。

ですが遠く離れていても、窓を開けると結構エンジン音は響いてきます。
もう、気になると寝られません。神経質な人は、可能な限り車の少ない田舎へ行きましょう。

 

じゃあ、どうやって防音対策をとるか?

お金をかけずに対策を取るなら、「耳栓」
これで、ほとんどの音を防げます。

パチンコ店で、周囲の音を遮るために、よく耳栓をしている人がいるくらいなので、効果は絶大です。

 

でも、それでも音が気になる場合

 

車自体の静音対策を施すのが、次の手段となってきます。
特に隙間のあるドアカバー部分を抑えるだけでも効果的です。

そして、本当にお金をかけてでも対策をするなら、車内の防音・断熱を施すと、かなり変わるそうです。
普段のロードノイズも軽減するので、普段の走行音に敏感な方や、オーディオ音をクリアにされたい方はやっている手段です。
(お金があれば、私もやりたいですが・・・)

実際に、そういった車内のロードノイズなどをいかに軽減できるかという大会が開催されているくらいですので、奥が深くその分こだわるとお金もかかってきます。

基本的には耳栓を購入するか、人里離れた道の駅などを利用する、トラックには絶対に近寄らない、近寄らせないようにするのが、一番安易で、楽な方法かと思います。

-車中泊基礎知識

Copyright© 車中泊を楽しもう!~車旅style~ , 2017 All Rights Reserved.